以前、知り合いからこのような話を聞きました。

「うちの上司、コーチングとやらを学んだ途端に、会話がすご〜く変になったんです。」

(私:どんな風に変だったんですか?)

「しきりとほめたり、何を聞いても「君はどう思う?」と逆に質問されて、
 それがわからないから上司に質問しているのに、、、なんだ、これ?と思ったんですよね。」

「職場での会話が不自然になって、上司が明らかにスキルを意識しすぎて、業務に支障をきたしていると思いました。」

このように、人事研修で上司がコーチングを少し学び、
職場で間違った方法でコーチングスキルを使うことで、
コーチングへの誤解が起きているようです。

正しくコーチングスキルを理解していないと、
このようなことが起きてしまいます。


コーチングスキルはとても使えるスキルですが、
スキルの意味、使える場所、使える時を理解して使わないと、
コーチングを学んびスキルを使う事が、逆効果となります。

 

部下から不信感をかったり、
コーチングはダメだというレッテルを貼られることになる事があります。

これらの悲しい事を回避するためにも、

『コーチングスキルについて理解』し、
『効果的にコーシングスキルを使いこなす方法』

私の体験からお伝えします。

 

【この3つを知ることでコーチングスキルを使いこなす】

1 コーチングスキルの強みを知る

2 コーチングスキルの弱点を知る

3 コーチングスキルの使いこなし方

 

1   コーチングスキルの強みを知る

1 コーチングスキル3つの強みを攻略する

コーチングスキルの強みを3つ上げると、以下の内容となります。

強み1目標達成に向けて戦略作りと行動力をつける結果、目標達成が加速する
強み2思考の整理ができ、問題解決のための方法が見つかる
強み3会話力、説得力、コミュニケーション力が上がる

 

強み1 目標達成に向けて戦略作りと行動力をつける結果、目標達成が加速する

 

コーチングスキルが得意とする場面は、
会話の相手に考える機会を与える事。

考えて自分で答えを出すので、
思考と行動力を強化することにとても役立ちます。

*自ら目標を設定し
   ↓
*自ら達成に向けての戦略を作り
   ↓
*達成に向けてのプロセスも楽しみ
   ↓
*高いモチベーションで行動をし続けることができる

このサイクルを回し、目標達成に加速をつけるのがコーチングの強みです。


コーチングスキルを使うには、

自分でコーチングを学び、セルフコーチング力で行動していく方法と、
コーチをつけ、コーチと共に前進していく方法があります。

自身もコーチングを学び、コーチもつける事という両方を得ることで、
より一層達成率が上がります。

コーチングスキルの習得がとても効果を上げるため、
私は個人セッションのみならず、
コーチングスキルを教える講座を開催している理由でもあります。

 

強み2 問題解決力が上がる

 

コーチングのスキルを使って会話をすると、
問題に対する解決策を発見しやいプロセスになります。

自分1人で悩むよりも、人と対話をすることで、
格段に早いスピードで解決策が見つかります。


その理由は、

人に話をすることで思考の整理がされ
専門的にトレーニングを受けているコーチから質問をされることで、
自分の思考の枠の外から考える質問が来るので、
予想外の答えを導きだす事ができるのです。

 

強み3 コミュニケーション力が上がる


コーチングスキルを習得する事で、会話力・コミュニケーション力が上がります。

その理由は、
コーチングのスキルが作られた背景にあります。
アメリカのトップセラピストの方々の卓越した会話のスキルを分析し、
効果の出る会話を体系化したと言われています。

どうやれば、会話相手の方との信頼関係を作れるのか?
相手の心の中から答えを引き出す質問力とは?
モチーべションを上げる言葉がけなど、
幾つもの効果的な会話法があります。

 

 

2 コーチングスキルの弱点を知る

1 コーチングスキル3つの弱みを攻略する

コーチングスキルの強みを3つ上げると、以下の内容となります。

弱み1学習が必要なことには機能しない(スキルなど学ばないとできない事)
弱み2緊急、至急な場面では機能しない(指示命令が必要な場合)
弱み3コーチングスキルの理解の違い(使えるスキルも理解によって使い方も間違える)

 

弱み1 学習が必要なことには機能しない

 

代表的なことには、
ITスキル、ビジネススキル、マナーなど手法系は、学ぶことから始まります。

例えば、

新人が部署に入り、「コーチングスキルを使おう」と思うとします。
新人に対してのコーチングが機能する場合と、機能しない場合があります。

機能する内容は「新人の未来へのキャリアビジョン」などその人の中に答えがあるものは可能です。

ところが、「営業の手法」「事務のスキル」「パソコンスキル」など、
まずは学習が必要になるものは、いくら質問をしても、良い答えを引き出すことはできません。

このように使う場面を考えて使います。

 

弱み2 緊急性が強い場面では、指示命令を優先する

 

とっさの時に、指示命令をして危機を回避するなど、
このような場合は向きません。

看護師さんがコーチングスクールにいらっしゃると
質問をされる事があります。

『患者さんが緊急の時にはどうしたらいいですか?』
答えはもちろん『指示をします』です。

コーチングスキルを学んだ後は、使う場面を選ぶことも必要です。

子供が怪我をしそうな時、
部下が目の前でミスをし訂正が必要な時、
など急ぎの場合は、指示命令が重要視されます。

私が主催するコーチングスクールでは、
コーチングスキルと共に「心の法則」を提供します。

この「心の部分」は学習していただきます。

学習する事がないと、心のあり方や心の法則については
自分の知識止まりとなりますが、
コーチングスクールで、心のあり方、心の使い方などを
学ぶ事で、効果的にコーチングの成果が現れます。

このことから、
コーチングスキルだけを万能とするのではなく、
コーチングスキルは1つのツール(道具)になり
学ぶことは学んでいただく事が必要です。

コーチングスキルだけでは効果がでない場合は、
その人の「考え方」や「心のあり方」を良い方向に
シフトするように伝えることも必要です。


重要であることを、経験から学んだ結果であります。

 

 

弱み3 コーチングスキルの誤解から間違って使ってしまう事がある

コーチングを学び、スクールによっては、絶対にアドバイスをしてはいけないと思っている方がいます。

絶対にアドバイスをしないと理解している場合には、
コーチングは、傾聴、質問、承認だけだと思い、
アドバイスやリクエストをしないテクニックになりますと、

コーチングセッション的には、テーマによっては、クライアントの満足感が得られない場合もあり、
このようなスタイルは、弱点になってしまいます。 

クライアンから意見、感想、アドバイスを求められる場合もあり、
必要な場合は、アドバイスなどはした方が良いコーチングセッションもあります。

但し、その場合は、アドバイスは短めに、セッションの最後に入れる事が多いです。
間違っても最初からアドバイス型でセッションをすることは避けます。

弱み2でも伝えましたが、
私のコーチングスタイルは、心のあり方は、必要に応じてアドバイスも適用し、
それ以外はコーチングスキルでコーチングを展開します。

この方が、クライアントの満足と成果が上がることを体験的に知っています。

 

3 コーチングスキルの使いこなし方

 

コーチングスキルを使いこなすには、3つのポイントがあります。

1「人」

コーチングスキルを使う事で効果を発揮するかを考える必要があります。
例えば、質問をした時に応える事ができる知識をその人は持っているかを考えることも必要な場面があります。

コーチングセッションの場合は、セッションを受けることを了承している必要があります。

2「時」

部下、子供、クライアントなどにコーチングをする時に、緊急な場合、危険が目の前にある場合、学びが必要な場合、など適さない場合を除くことを注意し、コーチングセッションをする時間を取る事が効果的です。

コーチングセッションをする場合は、「今から30分コーチングセッションをしますね。」と、時間を区切ることが必要です。なんとなく質問だけを繰り返すと、日常会話では失礼だったり、違和感を持たれることになります。

3「場所」

時間を区切ることも伝えましたが、場の設定も必要です。

職場やプライベートで、誰かにコーチングセッションをする時には、
「今からコーチングセッションをします。」という場のセッティングは必要です。
その時に、コーチングセッションを受ける人が「自分はコーチングを受けるから、質問をされたら答える」ということを自覚するから、たくさんの質問をする事が、効果を発揮します。

以上の3つを参考に、コーチングスキルを効果的に使ってはいかがでしょうか。

 

まとめ

1 コーチングスキルが得意な分野を知る事(目標達成、問題解決など)

2 コーチングスキルは学びが必要な内容では使わない。教えるに徹する。

3 使いこなすには「人」「時」「場所」がコーチングスキルやセッションに適している時に使う事

 

 

プロコーチに興味がある方へ特別ご招待枠を設定しました!

⭐️プロフェッショナルコーチになるための、コーチングトレーニングに興味がある方へ、
  【無料30分のオンライン相談(1月 3名様まで)】
⭐️グループコーチングセッションのクライアントとして、1時間のコーチングを受ける
  【1時間の特別グループコーチングセッション参加無料特典 】

 

        無料オンライン相談はこちらから

 

 

💫独立コーチとして活躍する17のポイント無料メールセミナー💫登録はこちらから

あなたがプロとしてしっかり稼ぐための重要なポイントを、1つ1つ解説しています。




 

 

 

あなたにオススメのサービス

コーチングセッションお試し オンライン60分 特別価格2万円 → 7000円(外税)

*こちからお申し込みください。