「論理的なコーチング」+「心の法則」=「確実なる成果の積み重ね」 成功と心の調和をサポートするコーチングスキル習得講座・プロフェッショナルコーチ養成講座

相手の心から答えを引き出すコーチになることに目標を持てるようになった。

  • HOME »
  • »
  • 相手の心から答えを引き出すコーチになることに目標を持てるようになった。

相手の心から答えを引き出すコーチになることに目標を持てるようになった。

AW受講前:
自己啓発セミナーの講師、コーチングに興味があり、他校のコーチング講座を受講中にAWに出会う

AW受講後:
同時期に他校とAWでコーチングを学び、その中でAWの良さ、心に刺さる内容に触れ、相手の心から答えを引き出すコーチになることに目標を持てるようになった。

以前は自己啓発セミナーの講師をしていて、コーチングにも興味が出てきました。 こころに関することを職業にしたいと思っていましたので、コーチングを仕事にしようと結びつきました。
エンジェルウィングを知ったきっかけは、別のセミナーの講師二人から紹介されました。 体験セミナーに申し込みました。

当時、大手コーチングスクールで勉強していて有料コーチをつけるという課題があったので、実方さんと結びつき、パーソナルコーチングを依頼しました。
そのころ、大手コーチングスクールで勉強していましたけれど、自分のコーチングに自信が持てないでいました。人に対するセッションが苦しかったので、スキルをしっかりと身につけたかったのです。

初めてのパーソナルセッションは鮮烈でした。自分の心の内にしっかりと入っていけたのです。気がついたら泣けていました。「このコーチのスキルは違うな」と確信しました。 「このまま今のコーチングスクールのトレーニングだけでは、本当のコーチングの深さはわからないな」と思ったんですね。それで、コーチングマスターベーシック講座を受けようと思いました。

コーチングマスターベーシック講座を受講すると「相手を自分の思い通りにコントロールしない」「アドバイスを多用しない」など、コーチ側の色を消して、相手の願いを引き出すコーチングのレッスンは、私にとって最初は厳しいものでした。今まで学んでいるコーチングは、自分の思惑に当てはめていくコーチングをしていく場合が多かったように思いましたが、まさに私はそのパターンのコーチングをしていて、自分も相手も苦しいということがわかりました。このまま、エンジェルウィングのコーチングを全部身につけたいと思ったので、認定講座まで申し込み、そのまますぐにアドバンス講座も受講しました。

認定講座の試験の時点では、コーチとしての自信がすごくつきました。AWで学んで半年でした。これでいけると後押しされたようでした。

コーチングのスキルを身につけるにはこちらの講座の認定まで進んでいけば、お金の取れるコーチとしてのスキルが十分に身につきます。コーチングは実践すればするほど、人間としてトータルの力が必要になります。人間としての心構えは、ベーシック講座からずっと貫かれているので、スキルもそうだけれど、AWのセミナーに行くと、本来の自分の軸に戻れる。ほんとうの自分に戻れる場所です。コーチングのスキルを習得する以上に、自分の輝きが出てくるのが更なる魅力ですね。

今までのスクールは、いわゆる大勢での座学ですし、そのコーチングスクールの価値観に会う人はいい生徒という扱いをうけますので、金太郎飴のように、同じようなことを考えて、同じようなことを言う人が増えてくる印象を持っていました。何を言ったらクラスコーチに受けるかとうのがわかってくるんですね。認定に受かるために、クラスコーチに気に入られる発言をしていたので、私は得るものがなくなってしまいました。

AWでは、自分と向き合うことから始まり、自由があります。コントロールしないコーチングを勉強するので、クライアント側にたつと限りなく自由に発言ができます。
この講座は自分が磨かれますね。クライアントのために自分が磨かれる場所です。

私は、お客様一人ひとりの求めるものに応えられるコーチになります。その人に必要なコーチングができるようになりたいですね。望むテーマに対して、相手のこころから答えを引き出してくる。
お客様が自ら答えを引き出す、オールマイティンのコーチになるようがんばります。

村岡敏孝様 40代 自営業

 

 

お気軽にお問い合わせください!

Angel Wingsご紹介ビデオ

お客様の声

アトランタにて

シンガポールにて

本・CD 販売

メディア掲載

PAGETOP
Copyright © AngelWings All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.