心の法則コーチング®で、輝く希望の未来を開く!実方晴美です。

コロナの影響で、生活に仕事に影響が出ている方も多いと思います

お元気にお過ごしでしょうか?

今日は久しぶりに箱根から配信しています。

箱根と私は、とても相性が良く、
プロコーチとして起業をすた2006年の頃よりお世話になっている場所です。

知人の関係の施設がありまして、
そこでじっくりと思索したり、仕事をしたり、
光の充電ができる場所です。

そして、人生の転換期や、仕事で集中したい時、
仕事が忙しく充電したい時など、

テーマがはっきりとしている時に、
足しげく通う場所でもあります。

さて、今日のテーマは

「雨が降ったら傘をす」をお届けします。

今日の箱根は雨が降っています。

ふと、思いついた今の現状の対策法です。

実はこの「雨が降ったら傘をさす」という言葉は、

経営の神様と呼ばれた、
現パナソニック(松下電器)創業者の松下幸之助さんの名言です。

ある方が、松下さんに質問で、
「経営の極意はなんですか?」と質問をしました。

松下さんは、

「雨が降ったら傘をさす経営です。」と答えたそうです。

松下さんんがおっしゃっていることは、

暑ければ薄着をし、寒ければ厚着をする。

極めて自然な行動です。

無為自然に合わせて人は生きているし、

天地自然の法に叶って生きている。

ところが、商売となると、この天地自然の方法に
したがって生きていない人もいる。

そういうところは上手くいかないのです。

ということをおっしゃっています。

この自然の摂理にしたがって生きるというのは、

今の状況に当てはまると思います。

例えば、コロナウィルスの影響で人が集まれない。

外出する人、集いに参加する人が減りますし、

いつまで続くのか、どうなるのか、不安をお持ちの方も多いと思います。

仕事に直撃して、日々資金繰りや事業修正に追われている方もいらっしゃると思います。

緊急時は、スピード感を持って行動しますが、

一方、打つべき手を打ち終えたら、

ど~んと構えて、今できることに集中することが大事かと思います

例えば、この時期は、自分に投資をする時期と決め、

学習を多くし、インプットを沢山する。

と、同時に、ブログやユーチューブなど、アウトプットができる手法もありますので、

自分なりの思考をアウトプットし、形に残し、資産を作っておくなどです。

打つべき手を打ったら、

後々必要になるような資産を蓄積していくことです。

個人で事業をされていない方であっても、

日々の生活で、今までやろうと思ってできなかったこと、

例えば、自宅の整理整頓、学習、読書、趣味、

フリマで不用品の販売など、色々とあると思います。

日々の情報が気になり、ついついネット検索したり、

ユーチューブでコロナ情報を見てしまったり、、、

時々は必要ですが、いつもスマホばかり見てしまうと、

まとまった生産性のある成果を残す時間が奪われます。

私も、あえて箱根に来ているのも、

・心を自然の中に置いて本来の自分を取り戻す。

・スマホから離れる時間を多くする。

・インプットとアウトプットの生産性を高める。

このようなことを目的に来ました。

そして、その効果は抜群です!!

残る課題は、山の中に来ても、スマホは離せられない。。。

もっと、スマホ断ちをして、思索散策に時間を取ろうと思います。

いかがでしょうか?

「雨が降ったら傘をさす人生経営」

自然摂理に合わせて、縦横無尽に生き方を変化させる。

それができる人が、経営に成功するという言葉は、

松下幸之助さんの名言ですね。

何か参考になれば幸いです。

今日も素敵な1日をお過ごしくださいませ。

心の法則で人生を豊かにする
プロフェッショナルコーチ 実方晴美