人は幸せなとき、他人に対して優しく
なれるものだと思います。
気分が良いと、自然と思いやりの気持ちが出てきて、
親切になれますよね。
一方、つらいときはどうでしょう?
嫌なことがあったとき、悲しいことがあったとき、
同じ気持ちでいられるでしょうか。
もちろん、自分の気分に関係なく、どんなときも
人の気持ちを思いやることが大切ですが、
どうしても気分が悪いときは余裕がなくなり、
自分のことしか考えられなくなってしまうことが
あると思います。
しかし、こんなときこそ人としての真価が問われる
のではないでしょうか。自分が大変なときでも、
他の人のことを考えられるということは、
とても強い心を持っている証拠です。
自分は大変なんだ、という状況に甘んじることなく、
常に人の気持ちを考え、自分はどう振る舞うべき
なのかを考える強さがあれば、本当に素晴らしいと
思います。
これは習練を積まなければ難しいことですが、
本当に価値ある人間になりたいと思うなら、
絶対に必要なことですよね。
こういう心を持った人が増えれば、
世界は大きく変わると思います。